逃げない、わたし。

シンプルに生きる

気づける、か。

幸せになりたいと願い、

幸せになれますようにと

手を合わせる人がいる。

なんかおかしくないか?

幸せかどうかは

心が決めることであって

出来事そのものじゃない。

正しくは、

幸せを感じられる

心になれますように

じゃないか?


健康だったら幸せ?

結婚することは幸せ?

病気は不幸?


すべては、

自分の心が決めて

身近な幸せに気づく

心、私、になれますように。

が自然で良い。

お母、さん。

人間、生まれるときも

死ぬときも

一人だとよく聞く。

ほんとにそうか?

私は、そうは

思わない。

少なくとも

生まれるときは

お母さんがいるでしょう。

命がけで

生んでくれるお母さん。

一人なんかじゃないじゃない!

そう、いつも

怒りが芽生える。

私はよく
ラジオ体操をする。

第一から第三まで。

体が喜び、
軽くなる。

第一、第二、第三と

続くラジオ体操。

第四はなぜしない?

てか、第四まであるの?

そう思いますよね。

いやいや、
できる、
わけがない。

ぜひ、見てほしい。

普通なのは第三までだから。

第四から、
どうしちゃったの?
って突っ込みたい。

とっても真面目な体操だけに、
そのシュールさに笑いを
覚える。

プロだ、プロ。
ほんとにすごい。

いつか出来るように、
なりたい

そんなこと
絶対言えません。

将来、は。

病院の待合室では、
いろんな人がいる。

診察までの待ち時間に
ぼーっとする人、
話をする人、
寝てる人。

私は、試験前ということもあり
暗記カードを見ながら
待っていた。

その隣のおじいさまが
本を片手に
何かを書いている。

なんとなく覗き込んだら
数式ずらり。

数学を解いてるではないか。

私はこういうところで、
数学を解くような人が
大好きだ。

なんとも興味深い。

首を傾げながら
ときには、小言を言いながら。

ひたすら
ひたすら
解いている。

暗記カードを見てる私も
私だが、
この方には
負けました。

私も将来、
彼のように
いくつになっても
勉学に励む
大人でいたい
そう思った。

見つけ、た。やっと。

みんなと同じフィールドに

上がろうとするから

苦しい。

だからこそ、

視点を変える、

おまじない。

やっと、

やっと、

やっと、

見ーつけたっ。

そーいえ、場。

久々の更新で、思った。

タイトルが、

逃げない、私に、

だったこと。

変えたこと、

全く覚えてない。

ブログって、

記録だから、

過去の自分が振り返れて

便利だな。

逃げないって

決めたんだったな。

そう、そう。

逃げない。

そうだ。

そうだった。

昔なら、口先だけの私だったけど、

今は、魂にちゃんと届いてて

ちゃんとやれてるもんだ。

変わったねー、わたし。

変われるんだね、私。

雨の、ひ。

急にとてつもない不安に襲われることがある。

どうしよう。

この不安。

落ちて落ちて、

苦しくて。

とりあえずの応急処置は、

深呼吸。

ひたすら、

ひたすら、

深呼吸。

それでも、

復活しないと

焦って、あせって、アセッテね。

急にどうした、私。

わたし、ワタシ、私。


ときが経ち、

ふと、冷静になれたとき、

ふと、気づく。

あ、雨だからか、今日は。



ほんとにそうだろうか。

気まぐれなだけだったのか。

いや、そうだ。

そうだ!

雨ダカラ。