新しい、私でありたい。

シンプルに生きる

頑張る、じゃなくて。

治療を始めた頃は、

『頑張る。』

という言葉を使わなかった。

 

 言うなら、

『ベストを尽くす。』

とかだった。

 

それから、何ヶ月か経って、

いつの間にか

『頑張る。』

を使うようになっていた。

 

自分の中で、何かが変わったのかなと思った。

 

『頑張る。』

という言葉がそのときの私には

しっくりこなかった。

無理をすることだと思っていたからだ。

 

一区切りついたちょっと前に、

ちょっとだけ、

副作用三昧にいらついたときがあった。

 

何でこの歳で更年期障害にならないといけないんだ。

何で急に老いが来るんだ、と。

 

これまで、どんなに怖くても、

治療を辞めたいとか嫌だとは思わなかったけど、

この前だけは、ちょっとだけ、嫌になった。

 

ほんのちょっとだけ、なので、すぐ元には戻れたが。

 

また、今、違う意味で

『頑張る。』

ではないなと思っていたとき、

ドラマの台詞で

『踏ん張れ!』

という言葉が入ってきた。

 

これ、

これだ。

 

ドラマのシーンに泣いているふりをして

おもいっきり、

泣けたのだった。