新しい、私でありたい。

シンプルに生きる

もっと、強く。

EXILEの『もっと強く』という曲を

悲しい気持ちで聞かなくなったら、

少し何か変わるのかなと思う。

 

バラードということと

歌詞がささるところがあって。

 

病気の告知をされてから

治療中もあまり泣くことはなかったけど、

なんだか、最近は

現実をみれてるのか

泣くことが増えた。

 

自分が不幸だなとか、

なんで病気になったんだとか、

自分を責めたり、

死を意識したことはほとんどない。

 

人の優しさに触れたり

人を哀しませたことを

想うと泣いていたり、

 

最近起こった

恐怖に立ち向かえなくて

その恐怖を忘れることも

散らすこともできずに

ただ、恐怖に泣いたことはある。

 

あとは、

とにかく必死に走ってきた

これまでを振り返って

選択し、

実行してきた

その現実に泣いていたりすることはある。

 

鏡を見て初めて

なくなってしまったもの、

何とも言えない現実を目の当たりにして。

 

ただ、なくしたものたちよりも

得られたものの方が大きいという

幸福感が

すべての私を包んでくれて

幸せにしてくれる。

 

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

 

まだ何も後悔してない。

ひたすら、これからも走るよ。