新しい、私でありたい。

シンプルに生きる

ニット帽。

髪の毛がなくなってからは

ニット帽だけで過ごしていた。

 

病院も、買い物も、

お出かけも。

 

ウィッグは持っていたけど、

めんどうだし

ニット帽だけでいいやと特に気にしなかった。

 

でも、やっぱりニット帽だけだと

周りの人によくジロジロ見られる。

軽く見られる分は特に気にならないし

堂々としている。

 

1番見てくるのはおばさま世代。

40代後半から50代辺りの女の人。

私と目があっているのに反らすこともせず

じーっと軽蔑してるように見てくる人がたまにいる。

 

むかつく。

ほんとに、むかつく。

 

イラッとしてしまうので

私も睨むように目線を外さない。

 

絶対いけないのだけど

呪いをかけたくなる。

 

あなたもなればいい。

 

と。

 

私の中の悪が芽生える。

 

でも、ふと我に返って

あ、だめだ。

さっきのは取り消そうと

冷静になる。

 

神様、ごめんなさい。

 

私が悪いのに。

ニット帽だけで人の目につくところにいるからよ。

 

でも、不思議と

若い人や、子供は見てこない。

1番見てきそうなのに見てこない。

 

小さい子供は普通に目を合わせて

にこっとしてくる。

私の頭が気にならないのかな。

 

それに最近、

真央ちゃんのおかげなのか

見てくる人が減ったような気がする。

 

世の中が大きく変わって来たのかな。

気のせいかもしれないけど。

 

元々ニット帽だけでも

抵抗はないし

恥ずかしいとも思わないけど

真央ちゃんのように綺麗な人が

私と同じ頭ならますます良いやって思える。

でも、真央ちゃんにはとても失礼ね。

ごめんなさい。