読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい、私でありたい。

シンプルに生きる

昨日、ついに。

昨日も旦那さんと

午後からお出かけ。

 

先に車に乗って待っている旦那さんは、

走って向かって来る私を見ながら、

ものすごいスマイル。

 

何でスマイルなんだろう。

でも、ポカポカ陽気で気持ちが良いし

なんか幸せな気持ちになった。

 

それから、車で走りだし

旦那さんの面白エピソードに

爆笑する私。

 

と、そういえばと旦那さんが話し出した。

 

髪の毛がなくなってから

見せたことなかった私の頭を

昨日ついに見てしまったという話。

 

ついに見られたか。

 

笑。

 

見られてしまったという気持ちと

そろそろ見せても良いかなと

思っていたから

まあ、しょうがないかと思う気持ち。

 

その見られたという日は、

お風呂上がりに、

旦那さん寝てるし良いかと

その横で何も被らず

スキンケアやら、いろいろしていたときだったよう。

 

全然気付かなかったー。

 

私がガチャガチャうるさかったので

起きてしまい、見えてしまったのだと。

 

笑。

 

それから、私も眠り、夜中。

 

また旦那さんは突然目が覚め

私の頭を見たのだと。

 

ピコ太郎がいる。

 

と、二度見してしまったと。

それで目も覚めたとも言ってた。

 

笑。

 

今日の朝、

テレビでピコ太郎が出ていて

思った。

 

ほんとだ、そっくりだ。

さぶちゃんより、

ピコ太郎だ。

 

例えがうますぎる。

 

帰ってきて夜ご飯は、

前日の残った葛あんを使いたかったので

カサゴを買ってきて

骨も食べれるくらいカリカリに揚げて

かけて食べた。

めちゃめちゃ美味しかったな。

 

 

 

そして私は

お風呂上がりにまた油断した。

 

旦那さんと目を合わせて会話中、

旦那さんが

『あ!』と、言うので

気づいてしまった。

 

私、何も被っていない。

 

『見た見たー』と、爆笑してはしゃぐ旦那さん。

 

私も爆笑。

 

ハッキリと見られた。

 

もー良いやあ。

と、思える瞬間でもあった。

 

旦那さんからすれば、

ずーっと見たいと言っていたのを拒み続けていたので

良かったのかもなあ。

 

引かれるのを恐れていたけど

そのあとも、

その髪型、可愛いとお世辞を言いながら

これまで通り愛情をくれる

旦那さんに感謝。

 

とはいえ、

脱帽はまだ完全にできてないけど

少しずつ慣れていこうかな。