新しい、私でありたい。

シンプルに生きる

堪えられなくて。

今日は、手話の勉強の日で

年配のろう者の方と

たくさんお話をした。

 

もちろん、私はまだ初心者なので

会話の1割わかるかなあというところ。

先生の通訳がないと読み取れない。

なので、

筆談したりと

一生懸命お話をしてくださった。

 

教えてもらう私の方が

気を遣って当たり前なのに

ろう者の方の方がたくさん気を遣っていらした。

 

小さいときの話や

これまでのことも話してくださった。

 

手話教室が終わってから

お姉さんとランチをし

別れてから

一人で買い物へ。

 

買い物中、

今日、私に一生懸命話してくださったろう者の方の

お顔が浮かんできて

突然涙が溢れてきた。

 

止まらない。

 

他のことを考えても止まらない。

 

店員さんや他のお客さんの目に付かないように

逃げたけど

止まらない。

 

声を上げて泣きたかった。

 

その方の心の綺麗さと、

その方のこれまでの人生を想うと

堪えられなかった。

 

その方がこれからも永遠に

お幸せでありますように。

心からそう思える一日だった。