逃げない、わたし。

シンプルに生きる

闇、病みのち、ハレの。

最近、思いついたこと。

私は人生の半分以上が闇の塊だった。

自分で自分をシダ植物だと豪語?していた中学時代。

そんなかんじで、ヤミーな私は作られて。

マイナス思考なんてカッコイイ日本語では

とうてい表せないくらい、

腐った生き物で。

そんな10代を経て何十年と経った今、

どうしてこうもポジティブになれたのか。

アホがつくほど、

ポジティブに考えれる日々。

過去の私は今の私を想像できなかっただろう。

どうしてそうなれたのかは、また今度

気が向いたときにでも話すとして。

それよりも、

180度も違う今の私。

そもそも、

ヤミーになる前は、

今のようにポジティブな性格だったのでは?

と、思うようになってきた。

何も悩みがないというか

フワフワ生きていたような

そんな自分だったような気がしてきたり。

昔過ぎて覚えていないのか

今のポジティブな私が

過去を良いように操っているのか?

人は性善説だと

思うようになった今、

私も性善説の善だったのかも?

とか。

いやいや、それはない。

善なわけない。

それだけは全否定したい。

どちらにしても、素質として

アホだということには

違いなくて

それを再確認したというか

するようになったというか

気づいたというか。

ヤミーの、私も私で、

そんな私も

私の人生には必要な時間だった。

良かったんだ、それで。